2017年のトピックス


インドネシア国家試験所現地試験研修

2017年12月

試験設備メーカからの依頼により、インドネシア国家試験機関であるB2TKEにて性能試験研修を実施しました。
※ B2TKE:Balai Besar Teknologi Konversi Energi の略称(再生エネルギー部門)
※ BPPT:Badan Pnegkajian dan Penerapan Teknologi の略称(応用技術アセスメント庁)B2TKEの所轄官庁

マレーシア現地研修

2017年10月

マレーシアの空調機器メーカーに講師を派遣し、現地研修を行いました。

タイ現地研修

2017年11月

タイの空調機器メーカーに講師を派遣し、現地研修を行いました。

インドネシア国立研究機関受入れ研修

2017年9月

インドネシア国立研究機関(BPPT)研究員7人の性能試験研修を弊所にて行いました。

12月のインドネシアでの試験設備立ち上げに合わせ、現地にて再度研修を行う予定です。

ISO17025サーベランスと拡大審査を受審

2017年9月

JAB(日本適合性認定協会)によるルームエアコン試験室及びパッケージエアコン 試験室の定期サーベランスと、ヒートポンプ給湯器試験室の拡大審査を受審し「適合」 判断をいただきました。

インターテックUSプラノ試験所訪問

2017年6月

インターテックUSプラノ試験所(※1)10HPマルチエアコン試験

米国テキサス州プラノのインターテック試験所(空気エンタルピー15Ton試験室:弊所PAC2相当)にて、PAC2との相互校正を目的に、冷房定格、暖房標準、暖房低温の3条件の試験を実施しました。いずれの試験結果もPAC2に対し、偏差「±3%以内」と試験所間比較としては良好な結果が得られました。本結果は今年度のJABサーベイランス時に活用します。

※1 インターテックUSプラノ試験所: 米国ネバダ州プラノにあるインターテック社試験所 5US冷凍トン(17kW)~65US冷凍トン(229kW)の空調機試験設備を有しています。

ベトナム現地技術協力対応

2017年5月

ベトナムホーチミン試験所とMOU(※1)を締結

QUATEST3(※2)の試験設備精度を維持するために、弊所の継続的な協力、特に定期的な相互評価試験に関する内容を織り込んだMOUを締結しました。弊所の試験設備は、ベトナムにおける性能試験の「原機」の位置付けとなります。

※1 MOU: Memorandum of Understanding(覚書)
※2QUATEST3: Quality Assurance and Testing Center 3 (場所:ホーチミン市) 科学技術省傘下の標準化機関に所属する政府試験機関(1975年5月設立)

Annex46プレゼン実施(ヒートポンプ蓄熱センター)

2017年3月開催

弊所エコキュート試験設備、試験方法、課題等についてプレゼンを実施しました。

AHR-EXPO(米国冷凍空調展)視察

視察先:ネバダ州ラスベガス

期間:2017年1月30日~2月1日

主催者発表によると出展社数は約2,000社、開催期間中(1/30~2/1)の参加者数は、68,615名。
冷凍空調製品ならびに関連機器や部材メーカ、展示商品数も多種多様。

国際標準化支援調査事業ワークショップ(ラボセッション)

2017年1月開催

開催地:東京

本プロジェクトは今年が最後であり、エアコン、冷蔵庫と別れてラボセッションが実施されました。エアコンはタイEEI、マレーシアSIRIM QAS、フィリピンOSSI-STL、フィリピンDOE、インドネシアB4Tからマネジャークラスが参加しました。(海外から10名、国内から17名)JATLからは今回の支援内容全体についてのまとめを発表しました。