試験設備準認定

準認定紹介

準認定のしくみ

JATLの試験設備を「原機」として、申請者の試験設備の校正検定を行い、合格した試験設備を認定しております。

申請方法

試験設備の準認定を申請する際は、「試験設備準認定試験申請書」に申請者の試験設備による計測結果を添付して本研究所業務部宛に提出していただきます。

設備較正

試験設備の測定は、能力の異なる2台の空調冷凍機器によって行います。試験条件は、下記とします。

  • ルームエアコン:冷房定格、冷房中間、暖房標準、暖房中間、暖房低温
  • パッケージエアコン:冷房定格、暖房標準、暖房低温

準 認 定

申請者計測結果と研究所計測結果が±3%以内のとき、申請者の試験設備は十分な能力を有するものと認め、「試験設備準認定証」を発行します。準認定証の有効期間は、発行から2年間とし、認定の範囲は、準認定証に明記します。

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ