アクセス お問い合わせ ENGHLISH

日本空調冷凍研究所について

理事長あいさつ

本研究所は昭和53年に社団法人日本冷凍空調工業会の機器性能検定所として開設され、その後二度の改組を経て現在に至っています。空調・冷凍・冷蔵は、最早われわれの生活に欠かすことの出来ない技術です。本研究所ではそれらを担う機器の性能試験を、検定制度に基づいて中立な立場から行っております。皆様のご家庭にあるエアコンにも検定シールが貼ってあると思いますが、これはその機種が検定の合格基準を満たしていることを示すものです。本研究所には検定する機器それぞれに適した試験設備があり、家庭用ルームエアコン用としては平衡式室形熱量測定装置及び空気エンタルピー測定装置、業務用パッケージエアコン用には空気エンタルピー測定装置を保有しております。また、近年は海外の試験機関に対する技術支援や試験員の研修・訓練、性能試験の信頼性向上のための研究や国内の準原機の評価など、業務内容も多岐にわたっております。今後も社会の要請に応えてセンターラボとしての使命を果たすべく、所員一同邁進する所存です。

一般財団法人 日本空調冷凍研究所  理事長 野部達夫

設立の経緯

空気調和機器および冷凍・冷蔵機器設備は、家庭・業務・産業の全分野にわたって、社会の基盤を支える重要なものです。さらに、これらの機器設備は、家庭や業務分野では、そのエネルギー消費率が極めて大きいセクターです。したがって、それらの性能や効率を適正に評価することは社会的に非常に重要であります。空調冷凍機器の性能評価につきましては、昭和53年に社団法人日本冷凍空調工業会機器性能検定所として開設以来、30年以上の長きにわたって行ってきております。一方、今日の地球温暖化防止の取り組みが世界的に議論され、一般消費者の環境に配慮した空調冷凍機器やその性能評価に対する意識も社会環境の変化とともに高まっています。そのような中、第三者機関として、適正な性能情報を提供し、我が国の産業の発展と国民生活の向上に寄与することを目的として本研究所を設立しました。

logo

このロゴマークには、次の意味が込められています。
・濃紺色:「公正・信頼・透明性」 + ・空色:「空・海・水・風」
  ⇒ 「空調・冷凍」 をイメージ
・中央のアーチ:「勢いと鋭敏さ」を象徴。
  ⇒ 「青い地球」を意味しており、特に環境面での恒久的な世界貢献、
  また、グローバルに活躍する使命感を表現。

沿革

沿革

組織図

組織図

ISO 17025 試験所認定について

ISO/IEC17025」 の認定

平成16年10月に前身の(社)日本冷凍空調工業会試験センターが、「ISO/IEC 17025」の認定を取得致しました。 企業あるいは事業所の品質管理システムを認証するISO/IEC 9001シリーズの審査に加え、対象物の試験や試験結果も技術審査して取得できるものです。 この認定により、当研究所が提供するデータは、その認定範囲において国際的にその信頼性が保証され、日本国内のみならず世界各国間の相互認証を得ることができます。

認定範囲

M21.35.1 冷房 ・ 暖房性能試験
 JIS B 8615-1
 (5.2~5.5, 表6 極低温の試験条件を除く)
 ISO 5151
 (5.2~5.5, 表6 極低温の試験条件を除く)
M21.35.2 消費電力試験
 JIS B 8615-1
 (5.2~5.5, 表6 極低温の試験条件を除く)
 ISO 5151
 (5.2~5.5, 表6 極低温の試験条件を除く)   

認定番号